私たちのビジョン

  • 何百万人もの人々がローカルではなく、グローバルに考えるように支援する
  • 銀行口座なしで世界中のマーケットプレイスへアクセスできるようにする
  • 買い手と売り手を直接つなぎ、コストと言葉の壁を無くす
  • 既に確立された企業が、Electroneumエコシステムを介して新規顧客とつながることを可能にする

今後の予定

  • ETNを獲得する新しい方法:

    • 無料の新しいマーケットプレイスを立ち上げ、AnyTask.comの成功に基づいて構築する
    • AnyTaskの初の売り手のためのユーザー体験を向上させる
    • 第三者にとってよりシームレスな統合を可能にするElectroneum即時決済システムを構築する
    • ユーザーに報酬としてElectroneum(ETN)での提供を選択できるようにしている他のブロックチェーンプロジェクトとのコラボレーション
  • ETNを使う新しい方法:

    • Electroneumアプリ内マーケットプレイスを立ち上げ、製品とサービスの選択肢を拡大する
    • 食品、建材、小売バウチャーなどをアプリ内マーケットプレイスに統合する
    • 既存のサービスをより多くの地域に拡大しながら、既存のサービスのコストを削減する
    • 他のウォレットやプロバイダーとの提携
  • 司法および取引所

    • 米国に拠点を置く取引所を含む主要取引所への掲載の追求
    • 地域の生態系を支える取引に関するFIATペアリングの追求
    • CryptoUKと欧州ブロックチェーンのメンバーとして、暗号関連の法律に関する政府への助言を継続する
  • プロモーション活動:

    • ElectroneumのロゴをあしらったAnyTask.comの米国でのテレビ広告の立ち上げ
    • Electroneum支払いシステムを利用するマーケットプレイスの広範なメディアと報道
    • 著名な暗号通貨インフルエンサーやメディアとのインタビューの継続的な追求
    • 主要な暗号通貨イベントや展示会に出席し、講演する

2020年第4四半期

  • アプリ内の通信時間とデータ補充を160カ国以上で可能に
  • MeconCashが、韓国でElectroneumを追加し、ETNエコシステムを完全に導入。
  • Electroneumは、WAXブロックチェーン上でリリースされた独自のNFTトレーディングカードであるElectromanをリリースするためにBlockchain Heroesと提携
  • Electroneumは、アプリ内の電気料金支払いを9カ国に拡大
  • Electroneumが3周年を迎える
  • Ripple、Cardano、Binance、Coinbase、eToroなどと並びCryptoUKと欧州事業者団体向けブロックチェーンに加入し、暗号とブロックチェーンに関する将来の法律について政府に助言
  • LockTrip.comは、Electroneumを最初の提携先として選択し、世界190カ国で210万以上のホテル、フライト、宿泊施設で大幅割引をElectroneumユーザーに提供
  • グローバルゲームサーバーのトップ5であるHostHavocが、Electroneum(ETN)を支払いオプションに追加し、ElectroneumユーザーのMinecraft、Counter-Strike、Ark、Space Engineers、 Armaなどへのアクセスを可能に。
  • 有名なブロックチェーントレーディングカードのプラットフォームであるSplinterlandsが、Electroneum(ETN)を支払いオプションに追加
  • Bad Crypto PodcastがElectroneum顧問会議に加入

2020年第3四半期

  • 全世界で400万ユーザー突破
  • ブロック報酬を75%削減で支払い実行
  • ETNのトークンインフレ率を2%以下に維持するという誓約を導入
  • 4年ごとに結果を半減するブロックをスケジュール
  • Electroneumアプリ内で公共料金補充機能を導入し、アフリカ4カ国のユーザーがETNでプリペイド電気メーターの補充を可能にします
  • Quantum EconomicsのCEO、元eToroシニアマーケットアナリストであるMati Greenspanが、Electroneum顧問会議に加入
  • 受賞歴のあるジャーナリストで、多くの著書を持つJillian Godsilが、Electroneum顧問会議に加入
  • Changelly.comが、Electroneum(ETN)をリストに載せ、ETNと160以上の他の暗号通貨との途切れのない両替という新たな選択肢をElectroneumユーザーに提供

2020年第2四半期

  • 加盟店プログラムETN Everywhereのベータ版開始
  • 公共料金の統合。ETNで電気料金などを支払う
  • ETNを使用できる場所をさらに増やして第三者モバイルウォレットの統合
  • Electroneumブランド構築広告キャンペーン開始
  • CointelligenceのCEO、On YavinがElectroneum顧問会議に加入
  • インド最大の暗号通貨取引所CoinDCXが、Electroneum(ETN)をリストに載せる

2020年第一四半期

  • AnyTask.com広告キャンペーン&買い手キャンペーン開始
  • Electroneumが、カンボジアを代表するモバイルネットワーク事業者とのトライアルを開始
  • グローバルモバイル補充開始。モバイルデータと通信時間は、140カ国以上でElectroneumアプリを介してETNで直接購入可能。
  • カンボジアのCellcardがM1Electroneumスマートフォンを取り扱い

Q4 2019

Q3 2019

Q2 2019

  • 「Moderated」Proof of Responsibility (PoR)ブロックチェーンにアップグレード。
  • 51%攻撃に対して盤石な数少ない仮想通貨に。
  • Block Rewards(新規コイン発行)を75%削減。
  • 非政府組織(NGO)がElectroneumプロジェクトに加わる。
  • ユーザー登録プロセスを改善。

Q1 2019

  • 南アメリカの携帯キャリアThe Unlimitedで携帯電話料金支払い。
  • Huobiに上場。
  • MWC19に参加。
  • iOSアプリがスタート。
  • AndroidとiOSでクラウドマイニング開始。
  • ウェブサイトの刷新完了。
  • SimpleSwapで初のアトミックスワップ。
  • CryTrexでPayPalによるETN購入。
  • PrestaShopプラグイン開始。

Q4 2018

  • 登録ユーザー250万人。
  • Electroneumは、欧州第5回マネーロンダリング防止指令要件に先立ち、AMLコンプライアンス手続きを自主的に導入。
  • コミュニティーフォーラムがスタート。
  • One Development Thailandと提携。
  • Hong Kong Joy Telecom Co., Limitedと提携。
  • GSMA Intelligent Customer Advisory Boardに参加招待される。
  • HitBTC (top 10グローバル取引所)に上場。
  • IndacoinでクレジットカードによるETN購入。
  • ArtisTurbaで法定通貨ペア。
  • Liquidで法定通貨ペア。
  • ベンダーAPIスタート。
  • Joomlaプラグイン開始。
  • WooCommerceプラグイン開始。
  • Magentoプラグイン開始。
  • WordPressプラグイン開始。
  • VirtueMartプラグイン開始。
  • チームが30人に、現在も募集中!

Q3 2018

  • 登録ユーザー200万人。
  • BETA版インスタント決済開始。
  • SystemKoinで法定通貨ペア取引。

Q2 2018

  • 登録ユーザー150万人。
  • インスタント仮想通貨決済特許申請完了(1805708.3)。
  • より大きなトランザクション量に対応するためETNブロックチェーンネットワークをアップグレード。
  • RichardがBCI Summit New Yorkで講演。
  • モバイルゲーミングサービスへのETN採用プロモーションのため Mobile Streamsと提携

Q1 2018

  • Xiusとの提携により潜在的モバイルユーザーが6,500万人に。
  • コミュニティーでモバイルマイナーのBETA版テスター募集。72時間で45,000の応募。BETA版Androidモバイルマイナースタート。
  • GSMAに参加。バルセロナのモバイル世界会議2018出演への招待を受ける。
  • Effortel (潜在ユーザー500万人)、Fanfare (潜在ユーザー100万人)、BMedia (潜在ユーザー2000万人)との提携により潜在ユーザーが9100万人に。
  • 765,000人のライブETNユーザー。$7.5億 (USD)相当以上のETNが最初の40日間で取引される。
  • 20,000人のBETA版テスター向けにモバイルマイナーアプリがスタート。redONEとの提携により潜在ユーザーが100万人増加。
  • Mobile World Congress 2018 BarcelonaでRichがパネルディスカッションに参加。
  • Androidモバイルマイナー開始。
  • ETNがKuCoinに上場。
  • ETNがBitbnsCoinSpotに上場(法定通貨での取引が可能に)。

Q4 2017

  • $4000万のキャップに達したためICO早期終了。
  • HackerOne (米国防省が採用)がElectroneumのセキュリティーを監査。
  • Hong Kong Joy Telecom Co., Limitedとの提携により潜在的ユーザーが200万人増加。
  • Electroneumのウォレットマネジャーが公式にスタート。20言語対応のAndroidアプリをリリース。

Q3 2017

  • Electroneum Ltdが発足し、Electroneumプロジェクトが公式に。
  • ICOが開き、2017年11月1日まで実行の予定。